葵カントリークラブの歴史

昭和35年(1960) 2.5 会社設立のための発起人会を開催
3.14 三河観光開発株式会社設立
社長に都築 貞一が就任
昭和36年(1961) 5.31 葵カントリークラブ(以下、葵C.C.)の起工式を挙行
6.27 日本ゴルフ協会(JGA)と中部ゴルフ懇談会(CGA)に加盟
7.11 第2回発起人総会を開催
昭和37年(1962) 2.23 葵C.C.創立会員総会を開催
9.1 葵C.C.を仮オープン
昭和38年(1963) 4.20 葵C.C.の本開場記念式典を挙行
4.21-22 開場記念会員祝賀競技会を開催
昭和39年(1964) 3.26 7番茶店(現16番茶店)を開設
8.1 駐車場に屋根を設置
12.1 アウト/インを入れ換え
昭和40年(1965) 4.5-6 徳川家康公350年祭に協賛、ゴルフ大会を開催
5.3 サマーコース13番グリーンから14番ティーへの歩経路にコンベアを設置
昭和43年(1968) 4.13 開場5周年記念式典と招待競技会を開催
4.20-21 会員記念競技会を開催
昭和44年(1969) 4.26 キャディー用の手引きカートを採用
昭和45年(1970) 3 1番ホールの改修工事を実施、併せて練習グリーンも改修
5 練習場を改修(13打席200ヤード)
10.10 電動乗用カート30台を導入
10.30 キャディールームとスタートハウスを新築、ロッカールームを拡張
昭和46年(1971) 3 10番~13番ホールの改修工事を実施、10番ホールの茶店を移転
昭和47年(1972) 8.31 管理事務所と付属建物を移転
昭和48年(1973) 3.31 浴室拡張工事と食堂ホール別室増築工事完了
4.19 開場10周年記念式典と来賓招待競技会を開催
昭和49年(1974) 3.3 2番ホールの改修工事を実施
昭和50年(1975) 2.1 ロッカールームの改装工事を実施
3.12 7番ティーグラウンド横、ウインターコース14番ティーグラウンド横に防雷小屋を新設
3.20 進入路右に庭園を造成
12.8 15~17番ホールの改修工事を実施
昭和51年(1976) 4.10 15~17番ホールの改修工事完了
5.23 社長に小原 守が就任
7.30 サマーコース4番ティー横に防雷小屋を新設
8.5 中部学生ゴルフ選手権競技会を開催
昭和52年(1977) 4.10 ゴルフバッグ運搬用電動カートを導入
昭和53年(1978) 4.18-21 開場15周年記念競技会を開催
昭和54年(1979) 9.30 ウインターコース14番ホールの改修工事を実施
昭和55年(1980) 3.30 ウインターコース3番ティーグラウンド横に防風・防雷小屋を新設
昭和56年(1981) 3.31 10番茶店の改築工事完了
5.13-15 中部アマチュア選手権を開催
昭和57年(1982) 2.1 7番~8番ホールの改修工事を実施(4.4完了)
昭和58年(1983) 5.10 開場20周年記念式典と招待競技会を開催
昭和60年(1985) 10.26 ウインターコース13番グリーンから14番ティーグラウンドへの歩経路にコンベアを設置
昭和61年(1986) 3.5 女性用ロッカールームと浴室の改修工事完了
6.8 練習場の改修工事(22打席250ヤード、うち14打席は屋根付き)と練習場ハウスの新築工事完了、練習場への歩経路にツーウエー・コンベアを設置
12.25 サマーコース15番ティーグラウンド横に風よけ小屋を新設、駐車場アスファルト舗装工事完了
昭和62年(1987) 12.30 クラブハウス別館新築工事(1F:会議室・資料室、2F:パーティールーム)と事務所の改築工事完了
昭和63年(1988) 3.31 4番~6番、8番ホールの改修工事完了
10.3 「愛の鈴」協賛により、開場25周年記念プロ・アマチャリティトーナメントを開催
平成2年(1990) 9.17 ロッカールームの改装工事完了
10.13 第1回シャチハタレディス「企業対抗OLゴルフ大会」を開催
12.20 コース散水用スプリンクラー設置計画に伴い、600トン貯水槽を新設
平成3年(1991) 4.1 オフィスコンピュータを導入
6.12-14 中部アマチュア選手権を開催
8.27 アウトコース、インコースを結ぶ陸橋の架換え工事起工式を挙行
9.30 駐車場の拡張整備工事完了
平成4年(1992) 4.1 アウトコースのスプリンクラー稼動
平成5年(1993) 2.4 陸橋「葵橋」完成、竣工式を開催
3.1 インコースのスプリンクラー稼動
5.7-9 開場30周年記念競技会を開催
5.10 開場30周年記念従業員祝賀会を開催
平成6年(1994) 7 男子浴室トイレの改修
  9 2階男女トイレの改修
  10 ウインターグリーンのサンド化と品種のペンクロスベントグリーンの採用(1番、2番、3番ホール)
平成7年(1995) 3 2階の男女洗面所の改修
  5 ウインターグリーンのサンド化と品種のペンクロスペントグリーンの採用(6番、8番ホール)
平成8年(1996) 2 クラブハウス北東の庭園の整備
平成9年(1997) 3 女子施設の集約 (ハウス増築部分1階に女子の諸施設を集約し、洗面所、ロッカー室、浴室を新築し、地階にカート置き場を設置、それに関係し旧女子施設跡を利用し、フロント回りにバック置き場を拡張すると共に、男子洗面所、キャディーマスター室を改修)
  3.27 クラブハウスに至るエスカレーターの設置
平成10年(1998) 5-8 水不足を解消する為に井戸を確保
  10 中部ゴルフ連盟主催による中部インタークラブ競技決勝会場として使用
  10 コース内ティフトン芝の除去(15番、16番、17番ホール)
平成11年(1999) 12. 1 電磁式5人乗り乗用カート導入を決定し、コース内のカート道路施設工事に着手 それに伴い、車庫、キャディーマスター室前を拡張
  12 サマーコースのコーライグリーンからベントグリーンの実施グリーンをコーライからベントグリーンに変更する工事開始
平成12年(2000) 4.13 電磁式5人乗り乗用カート使用開始
7.11 社長に小原 睦が就任
7.18 サマーコースのコーライグリーンをベントグリーンに変更
平成13年(2001) 7 松くい虫対策として重要な木に樹幹注入と地上散布を実施
平成16年(2004) 1.2 コース名称の変更 
 家康コース (旧ウインターコース)
 竹千代コース (旧サマーコース)
  8.14 食堂ホールにパッケージ式エアコン2機設置
平成17年(2005) 6.16 衣類乾燥機をOUT INに各1台設置
平成18年(2006) 8.11 男子脱衣室に空調機2台設置
  8.28-9.30 大草神社より井戸を借用し水を確保
  7.7-11.30 8番ホールグリーン安全対策として2グリーン1グリーン化、それと同時に9番ホールティーインググラウンドの改修と、ティーインググラウンド前の池の周辺整備
平成19年(2007) 1 乗用カート45台更新
平成19年(2007) 4-6 2番、16番ホールのカート道路及び、1番、4番、6番ホールバンカーの排水工事と周辺の整備
  12.10 自動散水システムの更新
  9.17 ボイラーの更新並びにガスへの熱源変更及び男子浴室、脱衣室の全面改修
平成20年(2008) 5 家康コース3番及び9番ホールグリーン手前のカート道路の整備
7-8 バンカーの排水工事及び周辺整備 家康コースは全て完了、引続き竹千代コースの整備を行う
8.29 夜間1時間に151m/mの集中豪雨があり被害発生
9.2 日本で初めて予約システムを導入し、予約台帳を廃止した
平成21年(2009) 1.1 家康コース16番ホールと竹千代コース15番ホールのカート道路を整備
    バンカーの排水工事と周辺整備(竹千代コース1番、6番、14番、15番、17番ホール)
  5.18 定休日営業開始
  7.1 終身会員制度導入
平成22年(2010) 6 ピンクティー増設
6 竹千代コース2番、5番、11番、18番ホールのバンカー改修工事
平成23年(2011) 1.2 レストランの一部とコース売店(5番16番)の禁煙実施
  4 ピンクティー増設
平成24年(2012) 5.12 メンバータイム開始
平成25年(2013) 5.19 開場50周年記念式典開催
11.3 開場50周年記念競技会「ペア対抗ゴルフ大会」開催
平成26年(2014) 1.2 風呂場脱衣室の禁煙実施
3.9 駐車場のライン引替
4.1 個人ロッカー貸し出し開始
4.30 11番ホールのカート道路改修工事
平成27年(2015) 3.7 散水ポンプ更新
3.7 砂置場整備
  6.1 ハンディキャップ新制度 スロープインデックス運用開始
  9.1 クラブハウス耐震工事
10.13-11.9 食堂ホールの天井張替と椅子の取替
10.14 猪による被害防止用コース外周に電気柵・進入路入口に超音波装置設
12.1 ホームページのリニューアル
平成28年(2016) 3.1 18番ホールコース改修工事を実施
4.18 練習場へのアクセス整備
8.21 18番ホールコース改修工事完了
家康グリーン(バミューダ芝)使用開始
9.1 クラブハウス内全域禁煙化、喫煙ルーム(クラブハウス2F)の使用開始
11.1 ホームページ一新(再リニューアル)
11.17 プロショップ(売店)リニューアル
   

PAGE TOP